2019年産駒 指名馬一覧と指名理由など

先日行われましたドラフト会議で指名した馬の一覧です。思いっきりスタートダッシュで躓きましたが、早く1つ勝ちたいものです。

 

1位 アブソルティスモ(父ダイワメジャー 母ラドラーダ 牡 藤沢和雄厩舎)

 

母タピッツフライ(手塚貴久厩舎)を抽選負けしたため、ハズレ1位指名。距離はマイルまでということは分かった上での指名でした。早々に6月2日の東京1600m新馬戦に出走しましたが、結果は完敗の2着。戦前で気になることといえば、最初のゲート試験が不合格となったくらいで、終始陣営も強気でしたが、いくら評判が良くても実際に結果を残すのは難しいですね。思った以上に、走り方にメリハリがなかったので、もしかして勝ち上がりにも時間がかかるのではという不安もよぎっています。

 

2位 アルジャンナ(父ディープインパクト 母コンドコマンド 牡 池江泰寿厩舎)

 

ご存じの通り、オーナーの名義が変更となりました。オーナーや厩舎サイドでゴチャゴチャした馬については、指名しないことが多かったのですが、馬自体は素晴らしくカッコ良いため、払拭してくれると信じての指名。既に入厩しており、ゲート試験にも合格しています。SS系らしく、激しい気性も兼ね備えていますが、そのあたりは厩舎も扱い慣れているので、新潟開催でデビューしてくれるでしょう。

 

3位 リズムオブラヴ(父ディープインパクト 母ミュージカルウェイ 牝 藤原英昭厩舎)

 

今年は(有)シルクレーシングに良い牝馬が集まりました。開幕週の阪神新馬戦で衝撃的な勝ち方をしたリアアメリアが桜花賞候補なら、こちらはオークス候補。ただ2頭を指名するのは戦略的にも厳しかったですね。あまり大きくはなく少し遅めの母系ですが、育成段階での評判は抜群でした。秋の京都開催で気品溢れる好馬体を披露してくれるはずです。

 

4位 アルファウェーブ(父Gleneagles 母Waveband 牡 藤沢和雄厩舎)

 

牡馬では一番好みの馬体をしていましたし、久々に大物感のある外国産馬を見たという印象です。もう少し下位でもよいかなとも思いましたが、どうしても指名したかったので、この順位となりました。正直なところ、距離も含めて適性はよく分からないのですが、愛国産ということもあり、北海道シリーズの内にまずは芝デビューさせるようです。

 

5位 レッドベルジュール(父ディープインパクト 母レッドファンタジア 牡 藤原英昭厩舎)

 

こちらのディープインパクト牡馬も既に入厩しており、ゲート試験をパスしております。加えて、かなり期待の持てそうな良い動きを見せてくれています。具体的なデビュー戦については、もうしばらくで分かると思いますが、そこは策士のトレーナーにおまかせしておけば安心です。今回は5位で初めて日本ダービーを狙える素質を持った産駒を指名した次第です。

 

6位 ルリエーヴル(父ロードカナロア 母ライラックアンドレース 牝 松永幹夫厩舎)

 

ラッキーライラック半妹。父は半姉の宿敵アーモンドアイを輩出したロードカナロアに変わりました。春先の評判を聞いていくうちに、「2匹目のドジョウはある」と思い指名しました。松永幹夫厩舎も完全に軌道に乗った感がありますし、扱った経験のある血統で、父親が変わり扱いやすくなっているとなれば、その期待も高まります。1点だけ気になるのは、SSの血が一切入っていないということですね。

 

7位 ブルーミングスカイ(父ディープインパクト 母ブルーミンバー 牡 角居勝彦厩舎)

 

2021年2月末で解散が決まっている角居勝彦厩舎。(競走馬生活は2歳・3歳のみではありませんので)オーナーサイドとの協議で、預からなかった縁の血統もいるわけですが、変わらずに良い馬が集まってくるのも、今まで築いた実績の賜物。解散前までに大物を輩出する可能性は充分にありますしね。昨年指名したトーセンカンビーナはあと一歩殻を突き破ることができませんでしたが、個人的に島川隆哉氏の所有馬とはそこそこ相性が良いというのもありました。ゲート試験合格後、一旦放牧に出されています。中京開催が目標。

 

8位 レーヴドゥロワ(父キングカメハメハ 母レーヴディソール 牡 池江泰寿厩舎)

 

約530kgの馬体に加え、体質が弱い面のある母系ですので、少し遅いかなとも思いましたが、つい先日入厩しました。そろそろレーヴディソールから大物が出ても不思議ではありませんし、誰が見ても迫力のある感じの馬です。師もお父上も、こういう雄大な馬はお好きなんですよね。

 

9位 ヴェルテックス(父ジャスタウェイ 母シーイズトウショウ 牡 池江泰寿厩舎)

 

こちらも評価の高かった産駒。「距離が延びても」とは言われていますが、最終的にはマイル以下の距離で落ち着くように思います。ノーザンファームしがらきまで来ているので、もうしばらくで入厩ですね。クラシックディスタンスという括りにこだわらなければ、この馬が今年の厩舎一番馬ではないかなと思うくらいの感じはありました。

 

10位 ヴィクターバローズ(父ロードカナロア 母モスカートローザ 牡 堀宣行厩舎)

 

オーナーの猪熊広次氏は購入馬の質も成績も年々上がり、そろそろ大きいところを獲られると思っていたところの日本ダービー制覇でした。厩舎・血統こそ違いますが、昨年も▲を付けたロジャーバローズの同時期と比べても遜色のない手応えです。とにかく運動能力の高そうな馬ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「2019年度POGドラフト用資料」(2017年産駒掲載)応募受付締め切りのお知らせ

当初は6月3日を予定していましたが、「2019年度POGドラフト用資料」(2017年産駒掲載)の応募受付を締め切らさせていただきました。ご応募ありがとうございました。現時点ですでにご応募いただいている方は対応させていただきますので、ご安心ください。

当方が参加しているPOGのドラフト会議は、新馬戦が始まる前夜に行われます。また指名馬10頭や指名理由などは後日掲載させていただきます。ただ掲載がどうしても後日になることから、「後出し!」と言われるのも嫌ですので、ドラフト会議中に余裕があるようでしたら、Twitter(@POGPRESIDENT)にてツイートできるように試みたいとは思っています。

 

さて、競馬の祭典「日本ダービー」。デビューからのレースぶりや皐月賞後の様子からも、サートゥルナーリアに死角はないといっても、ジョッキーの変更などちょっとしたアクシデントもありましたし、やはりゴールするまではわかりませんよね。

 

また、令和最初の日本ダービーには、陣営それぞれの「和」も感じます。その中でも今回、一番それを強く感じるのは、同期の横山典弘騎手が騎乗停止となった代打に息子の横山武史騎手を配してきた松永幹夫調教師。開業初の参戦になりますが、騎手現役時代は勝てなかった大一番だけに、その意気込みも相当なものです。

 

ちなみに、松永幹夫厩舎からは1頭指名予定。来年の今頃、大舞台に立てるとよいですが。

 

指名理由(前半)

少し遅くなりましたが、指名理由などを少々書かせていただきます。

 

1位 プランドラー【父ディープインパクト × 母プラウドスペル /牡・池江泰寿厩舎】

早々に入厩し、ゲート試験にも合格も、少し脚を痛めて放牧へ。ただ症状は大事に至らず、当初の予定通り、第3回中京開催最終週の1800m(芝)でデビューする模様。値段同様、評価が高いのはもちろんですが、とにかく気品が溢れていてカッコいい馬です。デビュー戦のパドックで、ゼッケンを付けずに周回しても、おそらく溢れ出るオーラですぐに分かるでしょう。今年の池江泰寿厩舎のラインナップは開業以来最高といってもよいレベルで正直迷いましたが、最終的には好みを重視しました。

 

2位 サートゥルナーリア【父ロードカナロア × 母シーザリオ /牡・角居勝彦厩舎】

6月10日の阪神新馬戦を断然人気に応え快勝。次走は札幌2歳Sへ向かう模様です。ロードカナロア産駒の活躍と比例し、評価も高まる一方でしたので指名しました。抽選勝ち。新馬戦で負かした馬が折り返しで勝ち上がったのは良いことですが、このレースだけではまだまだ力を推し量れないといったところですね。レース後、ジョッキーは絶賛していたことは付け加えておきます。でも、「すごい」っていう形容詞をよく口にするので(笑)

 

3位 ミディオーサ【父ディープインパクト × 母ミスエーニョ /牝・堀宣行厩舎】

 堀宣行厩舎の速攻組。入厩後は目立った動きは見られず、いわゆるトレセン移動後に評価が上がらないパターンでした。6月23日の東京1600m(芝)のデビュー戦は2着。上りタイムは速かったですが、次走確勝かどうかは疑問。ただ、体力はありそうなので、長い目で見たいと思っています。

 

4位 セントレオナード【父ディープインパクト × 母リリーオブザヴァレー /牡・堀宣行厩舎】

 馬格もあり、欠点がないタイプ。良血揃いの堀宣行厩舎の中でも1・2のデキに聞こえました。入厩しましたが、具体的なデビュー戦についてはゲート練習後といったところでしょう。青葉賞勝馬の全兄ヴァンキッシュランも秋に入り良くなってきたので、同馬も焦らず府中でのデビューを目指してほしいですね。

 

5位 トーセンカンビーナ【父ディープインパクト × 母カンビーナ /牡・角居勝彦厩舎

 2頭続けて、トーセン馬の指名の指名。ドラフトでは全体的なバランスを重視するのですが、4位の抽選に負けたり指名予定の馬を取られたりで、少し舞い上がっているのがよく分かります。庭先で注目度も控えめのように思いましたが、入厩後の動きはなかなか良く、サートゥルナーリアとの使い分けに悩むくらいの存在になってくれればと。おそらく第3回中京開催には間に合います。

 

6位以下につきましては後日に。

ドラフト終了(2016年産駒)

取り急ぎ指名馬一覧を掲載します。

昨年はワグネリアンを指名したとはいえ、その他がさっぱり…。

今年は1年を通じて均等に楽しみたいですね。

 

1位 プランドラー【父ディープインパクト × 母プラウドスペル /牡・池江泰寿

 

2位 サートゥルナーリア【父ロードカナロア × 母シーザリオ /牡・角居勝彦

 

3位 ミディオーサ【ディープインパクト × 母 ミスエーニョ /牝・堀宣行

 

4位 セントレオナード【父ディープインパクト × 母リリーオブザヴァレー /牡・堀宣行

 

5位 トーセンカンビーナ【父ディープインパクト × 母カンビーナ /牡・角居勝彦

 

6位 アウィルアウェイ【父ジャスタウェイ × 母ウィルパワー /牝・高野友和

 

7位 ペルクナス【父Majesticperfection × 母サンダーカップ /牡・池江泰寿

 

8位 ヴァンドギャルド【父ディープインパクト × 母スキア /牡・藤原英昭

 

9位 ハリスホーク【父Rio de La Plata × 母ウイングステルス /牡・中川公成

 

10位 トロイメント【父ダイワメジャー × 母トラウム /牝・西浦勝一

 

以上です。指名理由などは、また書かせていただきます。

主なディープインパクト産駒(2016年産)

サトノラディウス アーヴェイ (株)サトミホースカンパニー 美浦 国枝栄
  アゼリ 吉田勝己 栗東 松永幹夫
  アドマイヤアモーレ (株)ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオン 栗東 中内田充正
  アマーニ   海外  
ベルヴォワ アルーリングボイス (株)G1レーシング 栗東 矢作芳人
  アンスポークンチョイス   海外  
サトノソロモン イルーシヴウェーヴ (株)サトミホースカンパニー 栗東 池江泰寿
  イルーシヴスパークル   海外  
  ヴァレリカ ゴドルフィン 美浦 藤沢和雄
  ウィキウィキ 金子真人ホールディングス(株) 栗東 友道康夫
レースガーデン ウィンターコスモス 金子真人ホールディングス(株) 栗東 池江泰寿
  ヴェルダ (有)社台レースホース 栗東 角居勝彦
  ウミラージ (有)サンデーレーシング 栗東 吉村圭司
イルヴェントドーロ エーシンメンフィス 兼松康太氏 栗東 池添学
ディーイストワール エレクトラレーン 嶋田一成氏 美浦 大和田成
  オヴァンボクイーン (有)社台レースホース 美浦 久保田貴士
オーサムウインド オーサムフェザー (有)サンデーレーシング 栗東 友道康夫
  オリジナルスピンⅡ (有)キャロットファーム 美浦 池上昌和
エレベル オンヴェラ 吉田照哉 美浦 中舘英二
サトノルミナス カトマンドゥ (株)サトミホースカンパニー 美浦 国枝栄
ディスモーメント カホマックス 大塚亮一氏 栗東 矢作芳人
トーセンカンビーナ カンビーナ 島川隆哉 栗東 角居勝彦
  キトゥンカブードル ワラウカド 美浦 藤沢和雄
ボニーゴールド キューティゴールド (有)シルクレーシング 栗東 高野友和
ダンサリーノ グッドウッドマーチ (株)KTレーシング 栗東 中内田充正
  クリアンサス (有)社台レースホース 栗東 松永幹夫
クルミネイト クルソラ (有)キャロットファーム 美浦 堀宣行
クールウォーター クロウキャニオン 金子真人ホールディングス(株) 美浦 堀宣行
ディーブラッド グローリーブラッド (株)ノースヒルズ 栗東 松永幹夫
  コージーロージー 高橋文男氏 美浦 中舘英二
  ココシュニック (有)キャロットファーム 栗東 高野友和
  サイレンズソング   海外  
プライドランド ザズー (有)サンデーレーシング 栗東 高野友和
ダノンチェイサー サミター (株)ダノックス 栗東 池江泰寿
  サラフィナ (株)キーファーズ 栗東 松永幹夫
サラミス サロミナ (有)シルクレーシング 栗東 池添学
ティグラーシャ シーズアタイガー (有)サンデーレーシング 栗東 池添学
エピックガール ジェラスガール (同)雅苑興業 栗東 西浦勝一
オーキッドテソーロ シスタリーラヴ 了徳寺健二ホールディングス 栗東 矢作芳人
  シャンパンドーロ (株)キーファーズ 栗東 池江泰寿
サターン シャンロッサ 石川達絵氏 栗東 角居勝彦
  シユーマ (有)サンデーレーシング 美浦 萩原清
シークレットアイズ ジョリージョコンド 山本英俊 美浦 藤沢和雄
  シリアスアティテュード (有)社台レースホース 栗東 音無秀孝
  シルヴァースカヤ (株)キーファーズ 栗東 池江泰寿
パラダイスリーフ シルキーラグーン (有)シルクレーシング 美浦 木村哲也
ブリッツアウェイ スウィフトテンパー 吉田照哉 栗東 音無秀孝
  スカイディーバ (有)キャロットファーム 栗東 藤原英昭
ヴァンドギャルド スキア (有)社台レースホース 栗東 藤原英昭
トーセングラン スタイルアンドクラス 島川隆哉 美浦 田村康仁
  スタセリタ (有)社台レースホース 美浦 藤沢和雄
ダノンテイオー スノースタイル (株)ダノックス 美浦 奥村武
  スピニングワイルドキャット (株)ロードホースクラブ 栗東 中内田充正
スマートランウェイ スマートパルス 大川徹 栗東 角居勝彦
  マルーダ   海外  
  セリメーヌ (株)ダノックス 栗東 大久保龍志
  セレブレイションキャット (株)東京ホースレーシング 栗東 庄野靖志
  ソーインラヴウィズユー   海外  
  ソーマジック (有)社台レースホース 美浦 尾関知人
レンブーケドール ソラリア 鈴木隆司 美浦 国枝栄
  タッチⅡ ゴドルフィン 栗東 池江泰寿
  タピッツフライ (有)サンデーレーシング 美浦 藤沢和雄
  タミーン DMMドリームクラブ 美浦 国枝栄
サトノダムゼル ダリシア (株)サトミホースカンパニー 美浦 堀宣行
  ダルタヤ (株)G1レーシング 栗東 須貝尚介
  チェリーコレクト (有)キャロットファーム 栗東 石坂正
ショウナンタイガ チェリーフォレスト 国本哲秀 栗東 池添兼雄
  ディヴィナプレシオーサ (同)雅苑興業 栗東 西浦勝一
  トーホウガイア 東豊物産(株) 栗東 高橋亮
  ドナブリーニ (有)サンデーレーシング 美浦 国枝栄
  ドバウィハイツ (有)社台レースホース 栗東 石坂正
ストレイトスタイル トレノエンジェル 廣崎利洋ホールディングス(株) 栗東 矢作芳人
  ナイトオブドバイ (株)東京ホースレーシング 栗東 角居勝彦
  ナイトマジック (有)サンデーレーシング 美浦 木村哲也
ビックピクチャー ネヴァーピリオド 廣崎利洋ホールディングス(株) 栗東 藤原英昭
  バディーラ 野田みづき 栗東 音無秀孝
サトノバリオス ヒアトゥウィン (株)サトミホースカンパニー 栗東 池江泰寿
サトノフォース ビタースウィート (株)サトミホースカンパニー 美浦 藤沢和雄
ヴァイオリンソナタ ファーストバイオリン 吉田照哉 栗東 矢作芳人
ノーブルスコア ファイナルスコア 二木英徳氏 栗東 藤原英昭
  フォーチュネイトダムゼル (株)キーファーズ 栗東 松永幹夫
プランドラー プラウドスペル (有)サンデーレーシング 栗東 池江泰寿
  フリーティングスピリット 野田みづき 栗東 音無秀孝
  ブルーミングアレー (有)社台レースホース 栗東 友道康夫
  ロームフォンテン 野田みづき 美浦 菊沢隆徳
サトノアクシス ヘアキティー (株)サトミホースカンパニー 栗東 藤原英昭
ブルーアガヴェ ペイトンドーロ 金子真人ホールディングス(株) 美浦 奥村武
ベルロスセレソス ベルロワイヤル 社台グループオーナーズ 美浦 国枝栄
キタノインパク ボンバルリーナ DMMドリームクラブ 美浦 藤沢和雄
ダノンキングリー マイグッドネス (株)ダノックス 美浦 萩原清
ネルソンタッチ マイジェン 谷掛龍夫氏 栗東 大久保龍志
  マイスイートホーム 飯田正剛氏 栗東 高橋亮
マイネルミュトス マイネヌーヴェル (株)サラブレッドクラブ・ラフィアン 美浦 鹿戸雄一
  マネーペニー DMMドリームクラブ 美浦 戸田博文
サトノジェネシス マルペンサ (株)サトミホースカンパニー 美浦 堀宣行
ワールドプレミア マンデラ 大塚亮一氏 栗東 友道康夫
カントル ミスアンコール 金子真人ホールディングス(株) 栗東 藤原英昭
ミディオーサ ミスエーニョ (有)サンデーレーシング 美浦 堀宣行
サトノファクト ミスエマ (株)サトミホースカンパニー 栗東 池江泰寿
  ミスケラー   海外  
ボスジラ ミスパスカリ 金子真人ホールディングス(株) 美浦 国枝栄
  ミスワールドⅡ   海外  
サトノエルドール ミゼリコルデ (株)サトミホースカンパニー 美浦 国枝栄
キュロン ミメティコ 加藤誠氏 栗東 中竹和也
セリユーズ ミュージカルロマンス (有)シルクレーシング 美浦 国枝栄
ディープサドラーズ メイキアシー 廣崎利洋ホールディングス(株) 栗東 藤原英昭
  メイショウベルーガ 松本好雄 栗東 池添兼雄
シャルムダムール メダリアダムール 吉田晴哉 栗東 中内田充正
イカイボルト モクレン 二木英徳氏 栗東  
  モロカンアフェアー   海外  
ヤマニンマヒア ヤマニンカルフール 土井肇氏 栗東 松永幹夫
  ユニバーサル ニューワールドレーシング(株) 栗東 矢作芳人
ダノンファンタジー ライフフォーセール (株)ダノックス 栗東 中内田充正
ライル ライラックアンドレース (有)サンデーレーシング 美浦 手塚貴久
アイトマコト ラヴェリータ (株)ノースヒルズ 栗東 池江泰寿
  ラヴズオンリーミー DMMドリームクラブ 栗東 矢作芳人
イグナーツ ラフアウェイ (株)ノースヒルズ 栗東 中竹和也
リアオリヴィア リアアントニア (有)シルクレーシング 栗東 角居勝彦
  リアライズキボンヌ 窪田芳郎氏 栗東 中内田充正
サトノルークス リッスン (株)サトミホースカンパニー 栗東 池江泰寿
コントラチェック リッチダンサー (有)キャロットファーム 美浦 藤沢和雄
ダノンバリアント リップルスメイド (株)ダノックス 栗東 高野友和
ロジャーバローズ リトルブック 猪熊広次氏 栗東 角居勝彦
  リリーオブザヴァレー (有)社台レースホース 美浦 堀宣行
  レインデート 加藤守氏 栗東 矢作芳人
ラヴィアンレーヴ レーヴディマン (有)キャロットファーム 美浦 田村康仁
  レジュールダムール (株)東京ホースレーシング 栗東 音無秀孝
  レッドヴァージン (株)東京ホースレーシング 美浦 藤沢和雄
レッドアステル レッドエルザ (株)東京ホースレーシング 美浦 国枝栄
  レッドファンタジア (株)東京ホースレーシング 美浦 鹿戸雄一
  レッドメデューサ (株)東京ホースレーシング 栗東 石坂正
アルテラローザ レディアルバローザ (株)ロードホースクラブ 美浦 藤原英昭
キープオンゴーイン レディジョア 飯田正剛氏 美浦 国枝栄
フランクリン ロベルタ 近藤英子 栗東 音無秀孝
エールディヴァン ワイ (株)G1レーシング 美浦 堀宣行

まもなくドバイ国際競走で日本馬が走りますね。6R「ドバイゴールデンシャヒーン」から9R「ドバイワールドカップ」までの4レースで、2勝をあげるのではないかという下馬評ですが、過去のドバイで一番鮮烈だったのは、2014年の「ドバイデューティフリ」を制したジャスタウェイ。期間外とはいえ、POG指名馬の圧勝劇に感動したものです。そして今年、いよいよ初年度産駒がデビューしますが、上位で人気しそうなデキの良い産駒もチラホラ聞いており、個人的にも指名を検討中。「ドバイワールドカップ」と明日の「大阪杯」が終わったら、2歳馬の調査を本格化させたいと思っています。

ドラフト終了

今年度のドラフトが終了しました。

今週デビューの馬もいますので、取り急ぎ指名馬一覧を掲載します。

終わってみれば、池江泰寿音無秀孝矢作芳人堀宣行藤沢和雄厩舎といった注目どころからの指名はナシ…。他に気になるところでは、ロードカナロア外国産馬、ダート要員などもナシになってしまいました。各馬の指名理由などについては追々お伝えできるかと思います。

 

1位 ワグネリアン【父ディープインパクト × 母ミスアンコール /牡・友道康夫

 

2位 ヘンリーバローズ【父ディープインパクト × 母シルヴァースカヤ /牡・角居勝彦

 

3位 ソシアルクラブ【キングカメハメハ × 母ブエナビスタ /牝・池添学

 

4位 サトノシリウス【父ディープインパクト × 母パールシャドウ /牡・藤原英昭

 

5位 デサフィアンテキングカメハメハ × 母アヴェンチュラ /牝・角居勝彦

 

6位 エアワンピースの2015【父キングカメハメハ × 母エアワンピース /牝・笹田和秀

 

7位 オーサムミッション【父ディープインパクト × 母ウィラビーオーサム /牡・高野友和

 

8位 ウィキッドアイズ【父オルフェーヴル × 母ウィキッドリーパーフェクト /牝・手塚貴久

 

9位 パスティス【父ハーツクライ × 母ハヤランダ /牡・須貝尚介

 

10位 アメイジングセンス【父ハーツクライ × 母ヴォルドニュイ /牡・角田晃一

 

今年1年、よろしくお願い致します。